舞踊外科で小顔手術を受けよう【正確な医師の診断が必要】

看護師

顔に自信を持つために

小顔になる方法で気軽に出来るのが顔の筋トレです。口の周辺や目の周辺の筋肉を動かす事で、顔全体のシェイプアップが可能です。またエステで顔のマッサージを受ける方法があります。さらにボトックス注射をエラに注入する事で小顔になる事が可能です。

詳しく見る

カウンセリング

夢を実現する

小顔を実現できるように、様々な施術を比較検討して自分に合った方法を選ぶことが大事です。専門家によるカウンセリングはとても大切で、予約して受けられます。いくつかの施設のカウンセリングを受けてから選ぶことができます。

詳しく見る

顔に触れる女性

顔が大きい問題を解消

確実に小顔効果をもたらすとされる顔面輪郭形成術は骨を切り、削る手術です。術後の痛みや腫れなどをよく考慮するといいでしょう。エラ削りでは150万円、頬骨削りで130万円、オトガイ削りは160万円が相場です。

詳しく見る

女性

顔を小さくしたい方に

小顔整形術には原因に合わせて様々な選択肢があります。ボトックス注射は手軽で副作用のない安全な方法として注目されています。受けるにはカウンセリングを受けて医師と方向性を決定していきます。施術後に過ごし方も医師から受けられます。

詳しく見る

手軽な施術の人気が上昇中

女医

最大効果を得るなら骨切り

メスを使わずに行える美容整形施術が増え、ダウンタイムの少なさから、世間では整形に対しての抵抗感が薄まってきた感があります。小顔施術に関しても、切らないで行える施術が増えました。代表的なのは、ボツリヌストキシン製剤注射によるエラ解消治療ではないでしょうか。咬筋は、表情筋の中でも大きな面積を占めています。この筋肉が横に張り出している人にはボツリヌストキシン製剤を注射することによって、小顔にすることが可能です。注射後1週間から2週間経ってから効果がピークを迎えるという特徴を持ち、即日で効果を実感できるわけではありませんが、手軽に受けられるとあって人気の高い施術です。しかし、それほど咬筋が張っていない人に注射しても意味がありません。大きくエラ骨が角ばっている人に対しては、エラ削りが適当です。口の中から切開してエラ骨を削るため、傷痕が残らず、効果は永久的です。自然な仕上がりとなることが多いのも魅力となっています。2週間ほどのダウンタイムは必要ですが、日帰り手術という点も人の理由の一つです。それにエラ骨と一緒に顎の骨を切ることも可能で、その人に合ったデザインが可能です。より理想の顔に近づけられる方法と言え、根強い人気があります。外科手術にて小顔にする施術を、顔面輪郭形成術と言います。大変難しい手術のため、得意とする医師はあまりいないのが現状です。症例豊富な医師を見つけ、希望を明確に伝えてください。顔面輪郭形成術は小顔にするための施術の中では最大効果が得やすい方法と言えるものの、削れる骨には限度があります。削り過ぎれば後遺症のリスクが増えるので、正確な医師の診断が必要となります。エラ削りは口の中を切開して行う術法が主流となっていますが、口が大きく開けられない人などは、外側から切開を行うことになるかもしれません。頬骨が張っている人に適用される手術も基本的に口の中からの手術であるものの、頬骨弓部が極端に発達している人などは、耳の前から側頭部に向かって切って頬骨にアプローチしていく方法を取ることがあります。手術跡が残る可能性があることを理解しておいてください。それから、顔が長いことに悩んでいる人には、Le-Fort I型骨切り術が適するケースが多いです。上顎骨を中抜きすることによって顔の長さを解消できます。でもそうすることで下顎骨が前方に動くので、下顎骨を切って後方に下げる調整を行う必要があります。これは日帰り手術は難しく、5日ほど入院が必要です。

Copyright© 2018 舞踊外科で小顔手術を受けよう【正確な医師の診断が必要】 All Rights Reserved.