舞踊外科で小顔手術を受けよう【正確な医師の診断が必要】

顔が大きい問題を解消

顔に触れる女性

大手術と言える施術

顔が大きいことに悩む人は昔からいたものの、小顔ブームが起きてからは一層増加傾向にあります。顔が大きく見える原因が骨格から影響していることも珍しくなく、その場合は骨を切る、削るといった手術の顔面輪郭形成術が適用されます。顔面輪郭形成術で削る骨は、頬骨とエラ骨、おとがいが一般的です。エラ骨は顔の大きさに影響しやすいことがよく分かる部分です。口腔内からの手術を行う場合長い時間大きく開口しているために、顔面神経が伸びて麻痺が起こる可能性があります。通常2週間ほどで治りますが、治癒までに時間を有することがあり、注意が必要です。さらに下顎骨間接突起部の骨折が起きたり下歯槽神経が傷ついたりと、合併症の可能性も考慮しなければいけません。また、張り出しが強い頬骨の場合、横に顔が大きく見えます。エラのように神経に触れる危険性はないものの、頬骨弓を全体的に下げる術法では咀嚼に影響が出るリスクがある他、皮膚の下垂が起こる確率も高くなります。そして、おとがいの輪郭生成術は術法が最も多いです。顎が長い人や突き出ている人、幅が広い人など、様々な形状に合わせて術法が選ばれます。おとがいだけを手術してもバランスの取れた小顔にするのは難しいため、エラ削りなどと併用されるのが一般的です。医師のセンスなども影響するでしょう。顔面輪郭形成術は外科手術なので、内出血や腫れ、痛みなどを十分に考えた上で決意してください。エラ骨を削った人の体験談によると、麻酔後は顔全体が痛く、指1本分くらいしか口が開けられません。血や痰が喉に詰まるので、自分で吸引機を使って取り除きます。食事は2日目頃からおかゆ程度のものを口にできるようですが、熱を出す人も珍しくない様子です。日帰り手術を行っているクリニックは少なくないですが、入院するところの方が安心かもしれません。輪郭は半年から1年で形成されるので、その間は不安になる人が多いものの、形成後は小顔になり満足している人が多い傾向にあります。エラ削りと一言で言っても様々な術法があり、組み合わせることも珍しくないです。単純にエラ骨を切除して横顔をすっきりさせる術法であれば100万円くらいで、正面から見てもほっそりさせる術法の場合は150万円くらいです。頬骨削りもいくつか術法がありますが、横に張り出している頬骨を切ってチタンプレートで固定するのが一般的です。手術費用の相場は、130万円くらいになっています。そして、オトガイ削りも小顔にするために複数の術法を組み合わせることが多いです。正面から見ても側面から見ても細くする手術では、160万円くらいかかります。

Copyright© 2018 舞踊外科で小顔手術を受けよう【正確な医師の診断が必要】 All Rights Reserved.