舞踊外科で小顔手術を受けよう【正確な医師の診断が必要】

顔を小さくしたい方に

女性

ボトックスという選択肢

ダイエットをして体は細くなっていても顔はあまり変わらず大きく見えてしまう場合があります。それは脂肪や骨格ではなく筋肉がある事が原因で小顔に見えない可能性があります。この場合の顔痩せ方法は筋肉が原因なので、自身で対処する事は難しいです。この悩みを解決する方法が美容整形外科クリニック等で受けられるボトックス治療になります。ボトックス治療は医師が気になる部位に注射するだけの治療方法です。医師が処置する医療施術ですが、美容目的であるため健康保険は使えず自費になります。その為、利用者は患者ではなくお客であり、満足のいく結果になる様に必ずカウンセリングを行う事になっています。これは後にトラブルが発生しない事と、しっかりメリットデメリットを説明し理解した上で受けてもらう事が目的です。お客側にも希望を医師に伝えて、疑問点を解消する事ができます。カウンセリングは医師が行うので、突然受診するのではなくまずは電話やメールで予約する事から始まります。注意点としてはボトックス治療だけを希望して受診しない事です。小顔に見えない要因が筋肉ではない可能性もあるからです。それを美容整形外科では診察し特定してくれます。自分に適した治療方法が他にある場合に備えて、決めつけずに医師と最善の方法を見つける様な心構えが良いでしょう。小顔整形術の1つであるボトックス注射は、副作用はなくダウンタイムも短い特徴があります。受けてからも日常生活に支障はなく、次に日に仕事や学校にも行けます。しかし施術後は医師の注意事項は守る必要があります。施術を受けたその日から洗顔も可能です。しかし注射をしているので強くこすりすぎると出血する事もあります。また強くこすったりマッサージをしたりすると、注入した薬剤が広がり希望する小顔効果が低下する可能性もあります。その他血流が良くなる様な行動は控える事が伝えられ、主に飲酒やサウナが該当します。安静にしすぎる必要はありませんが、施術後のトラブルを避ける為には医師の注意事項を守る事が大切です。施術後に稀に腫れたりする事もあります。その場合はすぐに施術した美容整形外科クリニックに相談する事です。その他違和感がある場合も全てアフターケアの保証に含まれるので、医師に相談して対処する事ができます。ボトックスの効果はすぐに現れず、効果を感じるのに3日から1週間程必要です。打った直後から小顔になれるものではない事を知っておき、まずは1週間あまり医師の注意事項を守り様子観察する事です。それでも効果が感じられない場合も、医師に相談すると良いでしょう。

Copyright© 2018 舞踊外科で小顔手術を受けよう【正確な医師の診断が必要】 All Rights Reserved.